okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 「早池峰神楽の過去・現在・未来」と言うシンポジウムからもうじき1年、同じ13日は大船渡で気仙の剣舞で

<<   作成日時 : 2011/01/27 18:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

早池峰神楽のユネスコ登録を受けて開催したシンポジウムには、大勢の人が来てくれました。パネリストも国際的でしたし第一線の研究者で大変有意義な取り組みになりました。映像記録はしましたが活用はまだされていません。是非大迫のどこかの施設で視聴できるようになれば良いですね。
さて今年の2月13日は、大船渡で気仙の剣舞フォーラムを開催します。
岩手県各地に剣舞はあります。それぞれ由来や芸態が違いますが基本は念仏供養です。あくまでも民俗に根ざした芸能に違い有りません。
気仙の剣舞が民俗としてどのように活動しているかその一端が分かるフォーラムになるのではないでしょうか。
是非、剣舞に興味のある方は来てください。そろそろ椿の葉っぱも緑が鮮やかになる大船渡かも知れません。
画像

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
早池峰神楽もシンポジウムあったんですね。愛知は花祭のシンポジウムが今年も名古屋大学であります。こういうところで出る話は、「過疎化」「伝承者の不足」ですね。どこの民俗芸能も悩みは似たものですが、どうやって伝承するか、地域にとってどういう意義が民俗芸能にあるのかは、地域ぐるみで考えないといけないなあと思いました。
カムイ
2011/01/28 20:59
カムイさん
ありがとうございます。
有意義なシンポでした。大勢の民俗芸能関係者も来ていただき早池峰神楽を通じてすべての民俗芸能の大切さの認識が深まったと思います。
過疎化の問題は、重くのしかかっています。活発に見えたとしても内部では様々な葛藤があって伝統を絶やすまいと頑張っているから伝承されていると思います。誰がそれに答えて行くかが問われているのかなと思っています。
okuderazeki
2011/02/01 10:00
「活発に見えたとしても内部では様々な葛藤があって伝統を絶やすまいと頑張っているから伝承されていると思います。」本当にそうですね。今は良いが今後は?という地域もあると思います。地域社会が変化してきたことや信仰心の薄れも原因にあると思います。これからは民俗芸能の価値を発信していかないといけない時代になってしまったようですね。
カムイ
2011/02/03 19:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 「早池峰神楽の過去・現在・未来」と言うシンポジウムからもうじき1年、同じ13日は大船渡で気仙の剣舞で okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる