okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 一時の隙を突いて、小鳥崎火防祭を覗いてきました。懐かしい光景、民俗芸能と関わる34年前の原点でした。

<<   作成日時 : 2011/02/26 11:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

小鳥崎で親しくしていただいた方の家が火防祭の宿だったとき初めて間近で権現舞と民俗行事に出会いました。東京の獅子舞の門付けとは大違い、なんて心が通い合う行事なのだろうと引き込まれました。
たまたま岩大民俗芸能サークルの元メンバーの居住地、そんな訳で今日だと知ったわけでした。
画像

昔のことはよく覚えていませんが、朝早くに弁財天神社に奉納して集落を廻り、夜遅くに宿に戻った気がしてました。現在は公民館に集合して全戸(50戸くらい)門打ちをして最後に弁財天に奉納するようです。やはり夜8時過ぎると言います。
下舞は子ども達、近年女の子も加わり、今年から女の子の装束を女の子様にしたようです。地域のおばあさんが仕立てたといいます。
画像

小鳥崎講中の権現舞は、昔、村崎野大乗神楽から習いを受けて再興したようです。以前は二子分だったようですが現在は黒沢尻里分になっており、周辺は都市化がすすでいます。
画像

舞手頑張ってます。
画像

「およねあげ」と聞こえました。
ここは、Okuderazekiの河口です。村崎野の段丘を深々と裂いて北上川に注ぎます。
画像

いやー良い気分・・・・フィールドに出ているときが最高! 舞い戻って大画面を眺めたら、後6時間、すでに16時間をパソコンさんは自らだけで仕事してます。 使えない・・・・
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 一時の隙を突いて、小鳥崎火防祭を覗いてきました。懐かしい光景、民俗芸能と関わる34年前の原点でした。 okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる