okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 被災地大槌町吉里吉里に立つ「黒森神社」の石柱、漁業者の守り神として屋敷に祀られた祠は今はない

<<   作成日時 : 2011/05/18 08:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

黒森神楽衆の屋敷神「黒森神社」は、先祖が大漁祈願・海上安全を願って遷宮した社でした。神楽巡行が吉里吉里を巡るとき必ず権現舞を奉納していました。
3月12日土曜日は巡行最後の宿が吉里吉里でした。後は語らずとも分かる事態です。
黒森神楽衆もそれぞれ危険な状況におかれながらも無事でした。
田老摂待の神楽衆の家に安置されていた権現様も無事でした。
しかしお預かりしていた神楽衆は、漁船が沖合に流され、大型船に助けられたと言います。
15日釜石にとある被災者家族の葬儀に参列し、3月5日会って以来神楽衆と対面しました。
話は尽きませんでしたが、希望を抱いて別れました。
葬儀終了後、45号を北上し宮古に行きました。宮古でも黒森神楽関係者とお会いし長話になりました。
現場を踏んで分かったことは、民俗芸能の日常をどのように取り戻すか大変難しい命題でした。

黒森神社の石柱のある吉里吉里では、流されたお宮を見ました。
画像

コンビニ跡で建物が建てられていました。
画像

しかし吉里吉里の被災場所は、まだまだ瓦礫の中です。
画像



黒森神楽の宿が心配で足を山田町山内に寄ってみました。幸い宿は無事でしたが、浜はめちゃくちゃでした。
画像

気になっていた巡行の折に必ず念仏をあげる墓所を訪ねました。倒れていませんでしたが、そこから見る遠景は、凄まじいものでした。
画像

吉里吉里で出会った人と話す機会が有りました。「義援金はまだ一銭もいただいていない」「失業してしまった」「半壊した自宅の2階で暮らしている」と言っていました。スピード感のある支援が欲しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 被災地大槌町吉里吉里に立つ「黒森神社」の石柱、漁業者の守り神として屋敷に祀られた祠は今はない okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる