okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 大船渡で行われた「やっぺしまつり」での仰山流前田鹿踊が映像でアップされました。古式を感じる踊りです。

<<   作成日時 : 2011/06/29 16:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

正に中立を中心に輪踊りを基本とする踊り型が印象的で美しく感じました。
一説には独り立ちの太鼓系鹿踊は、太鼓踊りが変化したものではないかと言われます。
旧川井村の鹿踊は、幕系ですが、胴は鹿踊と組んで踊ります。
どちらが先かは不明ですし問うこと自体不要ですが、幕系と太鼓系があるとすれば双方を併せ持った芸能といえます。
仰山流前田鹿踊のささらの動きも稲穂が揺れ動くがごとく波打ちますが、ささらの意味を深く感じさせてくれます。
撮影者は、大船渡で最も古態を残す鹿踊と表しています。私も見て確証はありませんがその様に感じました。
古い芸態を守りきるのも民俗芸能、踊り手の個性を取り入れて構成するのも民俗芸能、人々の暮らしの変化で多様に変容する民俗芸能がやはり面白い。


ちなみに川井の鹿踊

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 大船渡で行われた「やっぺしまつり」での仰山流前田鹿踊が映像でアップされました。古式を感じる踊りです。 okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる