okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧暦6月15日祇園牛頭天王社の祭礼日、八雲・八坂など名前は違っても祭神は、素戔嗚尊(牛頭天王)

<<   作成日時 : 2011/07/15 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

日本最古の和歌「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」と神楽演目の八岐大蛇退治最後に素戔嗚尊が歌います。
八雲神社の祭神・素戔嗚尊は、牛頭天王と同一です。
八坂神社は、京都祇園の八坂神社の分社で、やはり八雲神社と祭神は同じです。
牛頭天王の事を「きゅうり天王」などとも呼びます。夏は疫病がはやり汚れた水が原因とされ、水の代わりに胡瓜を食べて栄養と水分を取るように薦めたことに寄るそうです。
今日は大迫に用事があり何時もの近道を走っていたら幸田の八雲神社祭礼でした。あぜ道に車両の列が出来大勢の代参講の人が歩いていました。寄れなかったので写真をパチリ
画像

おそらく今日は神事に幸田神楽が御神楽と権現舞の奉納を行ったでしょう。昨夜の宵宮は式六番を奉納したでしょう。今年もいけずじまいでした。
そして帰り道、別経路を通ると花巻十二丁目の八坂神社に旗が、そうだ昨日は宵宮だったんだと気づき写真をパチパチと
画像

画像

画像

画像

9月の祭礼日には、講中で神楽を呼び夜神楽も行っていましたが、諸事情で数年前から中断しています。懐かしい光景を境内に立って思い出していました。
近所の方にお会いしたのでお聞きすると「昔は境内に子どもが溢れるくらい賑わったね」とお話してくれました。
呼ばれた神楽は、幸田神楽で講中神楽を行っている数少ない団体です。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
八雲神社に行ってきました。式六番は二回に分けて演じたようで、後半だけ見れました。

初めてでしたが、雰囲気がチョー素敵ですね。
もり
2011/07/17 00:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 旧暦6月15日祇園牛頭天王社の祭礼日、八雲・八坂など名前は違っても祭神は、素戔嗚尊(牛頭天王) okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる