okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 知る人ぞ知る気仙法印神楽が復興祈願祭で奉納!岩手日報の本日の記事でした。大船渡報道迅速です

<<   作成日時 : 2011/07/28 08:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

岩手県で唯一「法印神楽」を名乗る大船渡市の気仙法印神楽、なかなか観られるチャンスがありませんでしたが、やはり今回もこの情報知りませんでした。非常に悔しいです。南三陸沿岸には、藩政時代に法印という称号を持つ山伏達が10数人で神楽団を組み集落や神社等で奉納していたようです。
雄勝法印神楽に残されている文書「御神楽大事」には、その演目と舞方が記されています。演目的には「和賀の大乗神楽」と大変似通っています。雄勝法印神楽も明治頃まで大乗を名乗っていたことも有ったようです。
「法印」にすぐ反応してしまうのも私が和賀地方に住んでいるからかも知れません。
と言う事で今日の出来事・・・・やっと咲きました。
画像

ヤマユリを実生から育てて早10年近く、昨年は悲惨な花でしたが今年は立派に一輪と未開花2輪、嬉しいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
岩手県沿岸部にも、法印神楽があることをはじめて知りました。
雄勝法印神楽の「御神楽之大事」にも、演目にかなりの共通項があり、またいずれの神楽も「法印」の集団により神楽が行われていたことに、和賀の大乗神楽との共通項が気になっておりました。
しかし、旧藩領でいくと、雄勝は伊達藩、大船渡、和賀は南部藩領と、領土が異なるのに、宗教文化は交流?があったのか、共通項があるというのも、面白いことですね。
ユリの花きれいです。私は花には疎いのですが、ササユリですか?
野生のヤマユリもこの時期よく見かけますが、自生はなかなか栽培が難しいのですね。
宮本幸雄
2011/07/28 09:31
宮本さんコメント有り難う御座いました。
やはり北上川でしょう。黒沢尻川岸の南部藩の港は、舟運と文化交流の町だったのでは?
大乗神楽には、盛岡周辺・花巻円万寺系などと似通った部分もあるようです。早池峰系とは一線を画す流れの中で発展してきた神楽が融合したのかも知れませんね。だから大乗は面白いのでしょう。2年前の「神楽と北上川」という企画を是非雄勝が元気になったら再度やってみたいです。
阿部武司
2011/07/28 10:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 知る人ぞ知る気仙法印神楽が復興祈願祭で奉納!岩手日報の本日の記事でした。大船渡報道迅速です okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる