okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠野市博物館の企画展示で持ち主を捜して展示していた虎頭の団体がわかりました。

<<   作成日時 : 2011/08/11 09:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

持ち主が「とりら」ブログ情報で見つかりました。釜石只越虎舞の「次郎」くんでした。しかし兄の「太郎」くんが見つかっていないそうです。救出したときは泥まみれだったそうです。
遠野市博では、
テーマ展「文化財を救え!〜東日本大震災と文化財レスキュー」開催中
開催日:7月22日(金) 〜9月29日(木)(8月31日休館)
開館時間= 9:00〜17:00(入館受付16:30まで)
陸前高田市、大槌町、釜石市から救出された資料など展示
一般310円,高校生以下210円(150円),小・中学生150円(100円)

東日本大震災と津波被害の文化財救出に奔走した遠野博物館の学芸員は、これまであまり注目されなかった「山奈宗真」と言う明治時代の起業家の津波調査記録を展示しました。今の時代に通じる貴重な資料です。本格的な調査研究と展示が望まれます。
学芸員のこの間の遠野の人達に活動を聞くと災害地支援に理屈抜きに庶民の自発的意志で活躍してきたことをヒシヒシと感じました。そのエピソードの一つ大槌町ににぎりめしを届けた運転手の事。

津波にあった大槌は壊滅、避難所の背後にも火災が発生、孤立した緊迫した状態。
遠野では被災者のために自前の梅干しと米で毎日3000個のにぎりめしを作っていました。
運転手は間道や林道をたどって避難所に到着、突然届いたにぎりめしに驚愕と感動、平然と帰った運転手曰く「道は燃えないから大丈夫」と。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 遠野市博物館の企画展示で持ち主を捜して展示していた虎頭の団体がわかりました。 okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる