okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 青森十和田は雨だった。八幡神社の注連縄作り、毎年5カ所を交互に作り、伝承しています。

<<   作成日時 : 2011/09/12 21:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

十和田市切田八幡神社の例大祭は15日、祭の準備が氏子によって進められていました。本日は注連縄作りでした。
画像

材料は、「スゲグサ」標準和名タマガヤツリらしい?集落の共有田の休耕田に生えているらしいです。
画像

長さ7メータくらいのは、三の鳥居につけるもの
画像

4メータのは、境内の不動尊などのもの
画像

バリカンと称してはみ出た藁を切り取り整える作業、鳥居に付ける段になって大雨です。
画像

画像

一の鳥居は今回注連縄は替えませんでしたが、祭を前に幣束を付けました。
画像

地域はこうして祭の気分が高まるんですね。15日は10時頃から祭が始まります。切田神楽も奉納します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 青森十和田は雨だった。八幡神社の注連縄作り、毎年5カ所を交互に作り、伝承しています。 okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる