okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ホテルグリーピア三陸みやこ」営業中、視察に訪れる方々が大いに利用、民俗芸能公演にも活用されている

<<   作成日時 : 2011/10/27 20:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

田老の街が巨大津波で一挙に失われました。グリーピア三陸みやこは、すぐに着の身着のままで避難した方々の避難所として職員も被災していましたが大車輪で活動。
敷地内には407棟の仮設住宅が設けられ避難所が解除されホテルとしての機能を回復しています。
画像

6月25日には黒森神楽が慰問したことは以前に報じました。
画像

その時は、テントの中で若干の店が営業を再開していましたが、最近仮設ショッピングモールが完成し営業を始めています。
画像

画像

画像

少しずつですが、日常が戻って来ています。
グリーピア三陸みやこでは、黒森神楽の巡行宿を北廻りの時に引き受けて地域の人に喜ばれていました。
画像

2008年1月26日の舞込みの様子です。この後の北廻りは宿を行いませんでした。
来年2012年は1月3日に舞い立つことが決まったようです。

そこで「いわて民俗眼光プロジェクト」では、3月3日(土)に黒森神楽の宿をグリーピア三陸みやこを会場に行うことを企画しています。来年は鵜鳥神楽も南廻りで田老地区を巡行します。そこで翌4日(日)にグリーピアで宿を行うことを企画して2日連続で両神楽の公演を行います。


第一に仮設住宅で暮らしている方々へ楽しんでいただきながら心をいやしていただく。
第二に観光客の方々に来ていただき、神楽に親しみながら三陸の現況を観ていただく事です。

画像

画像

巨大な防潮堤さえ乗り越えた大津波、田老の方々の暮らしを破壊しましたが、被災された方々は前向きに一歩一歩進んでいます。
今三陸は観光の光が差していません。観光という形で支援し、訪れた人の脳裏に歴史的出来事を刻んで、そして語り部として孫子の代まで言い伝えて欲しいものです。
更に厳しい自然と対峙して築いてきた地域だけに躍動的で心にしみる民俗芸能が培われたのだと言うことを理解して欲しいです。
3月3/4日の詳細が決定次第お知らせします。
県内・関西・首都圏からのツアーも企画計画しています。

11月6日は、宮古市の民俗芸能が仮設住宅への慰問公演を行います。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 「ホテルグリーピア三陸みやこ」営業中、視察に訪れる方々が大いに利用、民俗芸能公演にも活用されている okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる