okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 新城市in民俗芸能学会大会・まつり同好会50周年記念大会6日の報告第二弾、田植踊の源流を見た

<<   作成日時 : 2011/11/10 20:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

6日は午前中研究発表が行われました。
画像

画像

私が一番関心を持ったのは、最後の山ア一司氏の発表でした。
花祭りに先行する修験の関わりは一番気になっていたところでした。
画像

画像

画像

岩手の大乗神楽が行う大乗会も33演目を夜通し演じます。その中には湯立や神招きなど神事が散りばめられています。三信地方の大神楽(おおかぐら)の次第を見れば表現が異なるが似通った名称があります。
大乗神楽が花祭りや大神楽から及んでいるとは思いませんが、修験の神楽の上演形態や祈祷の儀式のあり方が藩政時代にはかなり画一化していた可能性はあるように思えます。
もっと勉強しなくちゃ・・・
さて大会の民俗芸能研究上演の映像をご覧ください。





はねこみや放下など岩手の鹿踊などの風流芸の原型を見る思いです。
田楽は、その素朴さに於いてやはり華やかな風流化した田植踊の原型を感じさせます。
しかも田楽は、かなりの山間地で伝承されてきました。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 新城市in民俗芸能学会大会・まつり同好会50周年記念大会6日の報告第二弾、田植踊の源流を見た okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる