okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 1998年鵜鳥神楽の墓獅子(墓供養)です。神楽の儀礼は、生業や習俗に関係するものがたくさんあります。

<<   作成日時 : 2012/06/02 21:26   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

14年ほど前の墓獅子(墓供養)の儀礼です。墓前で胴も一緒に舞う珍しい所作です。
墓前に権現様を供え神楽念仏を唱えて時々、権現様を揺すります。
最後に親族縁者が線香を手向けるときには、胴取りが般若心経を唱えるというまさに神仏混淆の名残を観ることができます。三上岩富師匠は、儀礼の数々を空で行う稀有な方です。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 1998年鵜鳥神楽の墓獅子(墓供養)です。神楽の儀礼は、生業や習俗に関係するものがたくさんあります。 okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる