okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 11日行われた室岡獅子踊り4代目引き継ぎ披露の岩手日報記事 12日休刊日でしたが私は休肝しなかった

<<   作成日時 : 2012/11/14 11:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

矢巾町は盛岡の隣接町なのでベッドタウンとしても発展しています。学園都市としての様相も呈してきました。近年は岩手医科大学が移転し近々病院機能も整備され大きく様変わりしそうです。
一方、町には、重要な国の史跡徳丹城跡があり、岩手の歴史を物語る地域でもあります。
藩政時代になり鹿妻堰など灌漑用水が整備されると一大穀倉地帯になり村落が形成され、里修験も定着したと思われます。村々には、祭に神楽や剣舞、獅子踊りなどが奉納し、盆にはこぞって盆踊りが踊られたことでしょう。
郷土芸能の多くは、集落の活性化や結束のために導入されたようです。
「昔の祭は盛んだった」という言葉が矢巾に限らずあちこちで聞かれます。正直いわゆる村祭りに行くと総代中心に神事が行われ、神様と少ない観客に神楽が奉納される場面にたびたび出会います。それでも祭を行う意味は地域にとって大事なことなのだと思います。その意味で祭のおこぼれ的な部分が盛んだったと思います。でもその余興的な部分が心を躍らせ故郷への思いを深めてきたのだと思うのです。
現在の日常はあまりにも非日常化した楽しみや刺激があり、個人的な楽しみ方にのめり込んでいる気がします。集団で共有する感情を体感できないのでは無いでしょうか。沿岸の祭をこの1年見てきて祭一点で燃え上がる地域の力を見せつけられてきました。
ある郷土芸能者が言ってました。「あの祭にかける思いがあるから、あれば必ず復興の力になるはずだ」と
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 11日行われた室岡獅子踊り4代目引き継ぎ披露の岩手日報記事 12日休刊日でしたが私は休肝しなかった okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる