昭和7年の民俗芸術を紐解く

民俗芸術の発刊してた柳田國男や小寺融吉、西角井正慶、本田安次など日本青年館で毎年開かれていた全国郷土芸能大会の出演団体を選定するために全国を駆け巡っていたらしい。そのような東北を巡る記事が載っていた。かなり厳しい指摘もあり選定には苦労していたらしい。昭和7年の第五巻第一号は再吟味号として東北行の項に福島白川から盛岡の八幡神楽まで見聞録が…
コメント:0

続きを読むread more

久々の鵜鳥神楽見参

さる5月8日は旧暦4月8日、今年は一月遅れぴったんこ!しかも日曜日、鵜鳥神社例大祭が執り行われた。 ど快晴の祭り日和、わくわくの心持でした。 前日、普代の宿が取れなくて野田村のえぼし荘に投宿!なんと期待していた「いわて旅応援」は8日迄対象外で半額で泊れると思いきや!1万4千円の宿賃・・気分が落ち込んでしたまったが、海の景色で心落ち着…
コメント:0

続きを読むread more

はじめての志和稲荷神社例大祭 郷土芸能奉納見参

以前友人の映像では見たことがありましたが、5日は何かとあっていけなかったのですが、今回は他を振り切って?行ってきました。 4団体が奉納!しかも団体ごとにしっかりお祓いをしてお守りが配られました。やはり神事に奉納する芸能としてしっかり神社で受け止めていらしゃるんですね。 紫波町は民俗芸能の種類がたくさんあります。神楽・太神楽・田植踊・…
コメント:0

続きを読むread more

岩手の田植踊と福島の田植踊を比較

岩手県は、藩政時代の仙台領と盛岡藩の地域があるので田植踊も地域によって異なります。 また沿岸地方には、田植踊は少なく陸前高田市・大船渡市・釜石市(旧仙台領唐丹)で旧仙台領内ですが、田植儀礼というよりは風流芸として伝承されてきたものと思われます。盛岡藩領内地区には、宮古近辺にあったようですが今は踊られていないようです。 まずは旧仙台領…
コメント:0

続きを読むread more

本日は不覚にも渋滞で展勝地にたどり着けず、戦線離脱でした

13時に自宅を出て黒岩廻りで何とか間に合うだろうと思ったが、14時17分で未だ駐車場は1キロ以上先!着いたとしても始まっているだろうし太鼓の音を聞きながら待つのも嫌だったので、わき道にそれて離脱しました。 そのようなわけで今年の復興祈願の鬼剣舞の踊は収録できませんでした。
コメント:0

続きを読むread more

本日(16日)の北上展勝地さくらまつり民俗芸能公演

展勝地の桜も開花したので道路渋滞を懸念して、黒岩廻りで行ったらスイスイと駐車場に、しかも会場に近い場所にまで止められました。 さて11時まで1時間以上!お勉強をして10時30分に会場に、すでに友人たちもカメラを据えていました。 そこに文化財の調査をする友人たちに遭遇、おしゃべりをしていたら開会でした。 それにしても寒い!気温8度、…
コメント:0

続きを読むread more

2022年度も始まって早15日、さてさて民俗芸能はどんな塩梅で行われるのでしょうか

4月2日は恒例の藤根の火防祭でした。午前中お邪魔してきました。長清水山伏神楽が権現舞で火伏祈祷を行いました 9日は北上展勝地さくらまつり開会し郷土芸能の公演がありました。はばたき太鼓が熱演! そして毎回鬼剣舞がトリを務めますが第一回は黒岩鬼剣舞でした そして10日も11時から郷土芸能公演!鳥喰太神楽の獅子舞、残念ながら…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

またまた怠惰の年越しになってしまった! 今年はとら年ということで虎が引っ張りだこですね。 虎は日本にはもともといないのですがどうしてこんなにもてはやされているのでしょうね ライオンは天平年間に獅子舞として来日していますが・・虎は何時来日したのでしょうか・・国姓爺合戦かな?加藤清正の虎退治? 民俗芸能には、虎舞の他に 神楽の虎の口…
コメント:0

続きを読むread more

農業と民俗芸能

東京の下町育ちの私にとって民俗芸能を認識することは青年期までなかった。 民族歌舞団の舞台で観たことはあるが現地での姿は全く想像もつかない存在だった。 岩手の農村地帯に居を移し否が応でも民俗芸能に触れていったが、その意味合いや成り立ちに立ち入ることはなく、風物詩的にとらえていた。 降りしきる雪にも負けじと歯打ちをする火伏の獅子舞、花…
コメント:0

続きを読むread more

取材が無いと書く意欲が湧きませんね

1日岩手町沼宮内の祭りが境内で行われたと後から聞いてがっかりしました。岩手町には何回も取材に行っていましたが、ここしばらく自身で言っていなかったので生で芸能が観たかったと悔やみました。コロナ禍のご時世であまり早くから告知されないので見逃す場合がよくありますね。 コロナが休息している今あちこちでありそうですが、やはり6波への警戒は解かな…
コメント:0

続きを読むread more

本日の岩手日報に鵜住居の神之沢鹿子踊などが載っていた!震災後鵜住居虎舞を通じて地域を知った

鵜住居は広く知られる奇跡と悲劇が交錯する被災地でした。私自身被災地に出向いたのは11年5月2日に大船渡の芸能団体との相談でした。その後、釜石を通り宮古迄足を延ばし被災の甚大さを五感で確かめました。その時、鵜住居を通ったが写真を撮るのもはばかった。その12月釜石で虎舞などが出演する復興支援があり訪れたとき知ったのが鵜住居虎舞であった。その…
コメント:0

続きを読むread more

昨日からは取材に行く所もないし、まずは新鮮なところから語ってみようかな

25日は、花巻市北笹間の天満宮例大祭でした。北笹間大乗神楽の代表に事前に祭りの様子を伺ったら、基本は神事だけど舞の奉納を許されたということでした。数人の郷土芸能愛好家に連絡してお伺いしました。何回も伺っているのに開始時間が定かではありません。1時に行けば舞には間に合うよと知らせたのに1時30分から別当家での神事でした。 今回は別当家に…
コメント:0

続きを読むread more

23日の続きかきます。小鎚神社例大祭が神事としての神輿渡御が境内で行われました

この日は、大槌城山虎舞と臼澤鹿子踊が特別に小鎚神社へ奉納するとお伺いして行きました。臼澤鹿子踊が彼岸の供養を行うということで供養の行事を先行して取材しましたが、見学に来た芸能観賞仲間が小鎚神社で白装束の人を通りすがりに観たけど今日はなんかあるのかなと疑問を投げかけてきました。それがまさかの例大祭の神輿を担ぐ社人たちだったのでした。 臼…
コメント:0

続きを読むread more

前回は何日だったかな書いたのは?また怠け病再発してしまった!と言う事で23日の大槌の様子から

前日の雨もあがって朝から快晴のお彼岸の中日!7時過ぎにいざ出発!8時30分過ぎに到着!時間があったので彼岸らしい風景撮影!墓所にはちらほら墓参りの方々が訪れていました。 その後、旧役場後に訪れました 臼澤鹿子踊秋彼岸の供養をするので同行取材しました。最初は末広町の蓮乗寺付近のお宅でした。 鹿子踊の回向はしっかり見たことがな…
コメント:0

続きを読むread more

1日飛ばしてしまった。本日は何とか書こう では19日の三ヶ尻鹿踊について

金ヶ崎町三ヶ尻の日吉神社の祭礼でしたがやはりコロナの影響で芸能奉納は縮小されて鹿踊だけが神輿渡御に加わり、境内でのほかの芸能公演はありませんでした。 11時から神事が行われ、13時から神輿の渡御が行われました。神輿の立ち寄る場所では、神主の御祈祷がありその後鹿踊が奉納しました。 三ヶ尻鹿踊は、古い伝承をもつ皆白行山流です。 岩手の…
コメント:0

続きを読むread more

神楽考2回目・・

信仰心のない私にとって民俗芸能の魅力は、庶民がよくぞこれほどの芸能を途絶えさせないで伝承してきたなということでした。 伝統芸能といわれる文楽や歌舞伎,能などは職能として家という枠で継承されてきたので技を変容させずに伝えていますが、民俗芸能は継承する人の技の良しあしで変容したり、芸能に対する思いで変化させてきたと考えられますね。 中野…
コメント:0

続きを読むread more

さー何をつぶやこうかな・・・岩手の神楽を考えてみましょうか・・探訪風に・・神楽との出会い

私は岩手に住みついて46年になりました。それまで東京で民俗芸能に触れたのは正月に廻ってくるちょっと怪しい獅子舞くらいかな・・民俗芸能という代物ではないですね今考えると。何を見たか覚えていないですが新制作座の舞台や統一劇場の舞台ぐらいですね。でも「民俗芸能」という意識では見ていませんね。 岩手北上で商売を始めて地域と触れ合う中で年中行事…
コメント:0

続きを読むread more

盛岡八幡宮例大祭大償神楽奉納舞、佐々木隆師匠の鳥舞

1931年2月生まれの佐々木隆師匠、今年90歳です。この日は撮影の準備をしていたら装束に身を包んだ隆さん親子がいたのでお声がけしたら「90歳だからどんな舞になるかわからないよ」と言って舞台へ向かって行きました。 隆さんたち大償神楽一行と2010年にロシアサンクトペテルブルクでの公演に出かけ楽しい時を過ごしました。 エルミター…
コメント:1

続きを読むread more

さー今日も挑戦です!少々息切れですが!昨日観た久々の見前神楽の盛岡八幡宮神楽奉納!

秋晴れで神楽日和!今年も盛岡秋祭りは規模縮小となり特設会場での神楽など民俗芸能の奉納公演となりました。 13日は澤目獅子躍・・見たかったけど夜なので出不精に・・ 14日は昼間見前神楽の奉納と夜は山岸獅子踊でしたが最後まで迷って行かずじまい・・昨日のSNSでいがったいがったの記事に歯ぎしりでした。やはりフットワークが悪くなってます…
コメント:0

続きを読むread more

今日は何を書こうかな???今年も雫石町無形文化財芸能祭が中止とあって

雫石の芸能祭の記録を撮り始めて何年になるだろうか。安庭人形芝居の記録を撮ったあたりからだったかな?年表にでもしておかないと忘却は甚だしいです。それ以前に雫石よしゃれ全国大会のテレビ番組を制作していたので雫石の文化には馴染んでいました。この大会で優勝した民謡歌手には福田こうへい君など歌上手がたくさんいます。 芸能祭の話に戻すと当初は、神…
コメント:0

続きを読むread more

春日流八幡鹿踊の石鳥谷八幡神社例大祭奉納の見聞録

9月12日は山の神の秋祭りで各地で祭礼があり一部で神楽などの奉納も見られましたが稀有な状況でした。また15日に近い日曜日とあって秋祭りがありました。花巻市石鳥谷の八幡神社も縮小して例大祭が行われました。雫石の山祇神社の祭りが終わって15時に八幡めがけて出発!神社につくと祭礼に参集した神官や総代が拝殿前で写真撮影を行っていました。鹿踊は神…
コメント:0

続きを読むread more

雫石町大村の山祇神社例大祭 探訪! 山祇神楽の獅子舞を観た

今年の12日は日曜日にあたりこの日を祭礼日とする山の神を祀る神社などが多い。気になっていた山祇神楽はコロナ禍でどうするのか知り合いの町職員に聞くと1演目を奉納するとのこと!何はさておき行こうと考えた!大村には盛岡流通センターから鶯宿へ抜ける道路があるので意外と早く行き来できるが、15時には石鳥谷八幡の鹿踊の奉納もあるので迷ったがやはりこ…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ禍と民俗芸能

2020年3月以来新型コロナの感染拡大で民俗芸能の公演が大幅に減っています。 神社祭礼や盆供養など年中行事の中で細々と現在も続けられていますが、限られた団体だけです。 民俗芸能が観光的な行事に出演する機会が多くなり、年中行事で奉納公演が希薄になる中で団体によっては全く演じ踊る機会が失われています。 文化庁も観光による公開を推進する…
コメント:0

続きを読むread more

北上・みちのく芸能まつり特別公演 ライブ配信のお知らせ

https://www.youtube.com/channel/UC--0tx7VHq_jFLVb4sHfdUg/ 北上・みちのく芸能まつりは今年は中止になり、来年は60周年と言う事で特別公演を行いますが新型コロナの感染防止のためYOUTUBUでのライブ配信と収録映像の配信になります。 17日は11時から夜の8時頃まで 18日…
コメント:0

続きを読むread more