okuderazeki

アクセスカウンタ

zoom RSS 第46回川井郷土芸能祭(宮古市)見聞録

<<   作成日時 : 2018/11/05 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



泣けた!
全校生徒40名足らずの川井地区唯一の中学校の生徒が、末角笠踊りを披露した。
昔なら分校程度の規模だ。
中学生以外の末角笠踊りを観たことは無いが、元々の雰囲気は伝わった。
末角笠踊りは、末角神楽、末角鹿踊とともに小国集落に伝わる風流踊りだ。
川井は幾つもの山間集落が集合して村を形成してきた故に各集落に幾つもの民俗芸能が継承されてきた。
中学生は、その幾つもの集落から数人単位で学校に通っている。そして自分の集落の郷土芸能にも参加している。
その生徒らが末角笠踊りを踊るのである。でも違和感は感じられなかった。
全校生徒が思いを一つに出来たチャンスでも有ったろう。
高等学校も川井分校が無くなって宮古市内か盛岡市内など旧村外に遠距離通学か寄宿舎になる。中学生までの間が川井の強烈な思い出になるかも知れない。
そんなことを考えながら鑑賞し目頭が熱くなった。
でも少ないが故に一人一人が輝いていた。
将来も少子高齢化は続くだろう。
それを逆手に人間は平等に輝ける時代を築いて行く事が大事だと思った
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 第46回川井郷土芸能祭(宮古市)見聞録 okuderazeki/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる